便利なアスファルト

修理する

これを頭に入れておく

普段から何気なく歩いているアスファルト舗装。舗装するにいたって、様々なことがあります。 アスファルト舗装を行う際に、あらかじめ知っておいた方が良いことについてです。まず、よくある失敗例として掘削時に水道管をひっかけてしまうこと。 転圧を行う際に、振動による破壊です。水道管は思ったよりも浅いことが多く、大体はGL60センチくらいです。もっと深いような気がしてその感覚で作業を行うと間違いなく水道管を破壊してしまいます。 かなり浅めの場所にあるということを頭に入れておいた方が良いです。 まず、自分でアスファルト舗装を行って工事するといった方は少ないと思いますが、自ら行うとすると、当然自己責任になるので上で述べたことに注意が必要です。

アスファルト舗装のメリット

アスファルト舗装のメリットはたくさんあります。砂利や砂だと冬に雪が降り、雪かきを行う際に、うまくいきません。アスファルト舗装だととにかく除雪がしやすいです。 また、アスファルト舗装にしてしまえば、ちょっとした工夫で遊び場に変化します。 当然、駐車場として利用される方も多いと思います。敷地の広さやアスファルト舗装の面積にもよりますが、カラーコーンなどを置いてみると、スケートボード、ローラースケートの遊び場になります。 駐車場としてしか考えないような場所でもちょっとした工夫をすることにより、楽しみに繋がるといったメリットがあります。特に子供などがいると場合だと、何よりも遊び場になりますのでアスファルト舗装は便利です。